虫歯治療

虫歯の進行

C1 歯の表面が白く濁って、エナメル質が虫歯に冒された状態。
この時点ではあまり痛みがありません。
C2 虫歯が象牙質にまでおよんでいます。
冷たいものが歯にしみてきます。
C3 歯髄(神経)に達しています。炎症がおきると激しい痛みが生じます。
C4 虫歯から細菌に感染して、膿や腫れがでてとても痛みます。

なるべく削らない治療

当院では、ミニマムインターベーションの考え方を基本として、削りすぎない最小限の歯科治療を行っています。
ミニマムインターべションでは、虫歯の患部のみを削りとり詰める治療となりますが、これまでの歯科では『予防拡大』という考えが一般的で、虫歯の周囲の虫歯になりやすい箇所まで削り金属で補修することが一般的でした。
現在は、できるだけ自分の歯を残すことが健康な口腔内維持に最も効果的だと考えられています。

治療におけるより多くの選択肢

当院では、保険治療・自費治療ともに患者さまに可能な治療手段を全てご提案いたします。
全体的な治療では、専門家としての正確な情報を提示したうえで治療計画とお見積り書をご提示し、患者さまご自身が納得のうえで最適と思われる方法を選択していただくことが重要と考えています。

セラミック歯による治療

メタルセラミック

セラミックの歯は変色がなく、臭いもつきにくいという特徴があります。さらに強度があるため、従来のプラスチックの歯のようにすり減ることもなく、入れたときの美しさをいつまでも保ちます。

ジルコニアセラミック

現在審美的に最も優れた歯科材料といわれているジルコニアセラミックはより自然で透明感のある美しさを再現します。また、金属を使用しないので金属アレルギーが心配な方にもおすすめします。

メタルセラミック

セラミックインレーは虫歯を削った箇所に白い詰め物を入れる治療法です。金属を使用しないので見た目も自然で、また金属アレルギーを気にされる方にはおすすめです。