さん歯科こども・おとな歯科さん歯科こども・おとな歯科

092-410-5817

平日 9:00 ~ 19:00
土  9:00 ~ 17:00
木・日・祝 休診

おとなの治療

一般歯科

「痛みの少ない」優しい歯科治療

さん歯科では可能な限り痛みを抑えた治療を推奨しています。

Step1 表面麻酔

表面麻酔

事前に、注射する部分に麻酔液を塗ります。
これにより注射時の痛みを抑えます。

Step2 「極細の針」を使用

極細の針

蚊に刺されても痛くないように、針が小さければ小さいほど痛みは抑えられます。
当院では現在発売されている中でも太さの細い針を使い、ソフトに注射することで痛みを抑えます。

Step3 電動麻酔注射の利用

電動麻酔注射

急激に麻酔液を注入すると細胞が膨張し痛みの原因となりますので、ゆっくりと時間をかけ麻酔液を注入していくことが大切となります。そこで当院では注入速度を機械制御した「電動麻酔注射」を導入し痛みを抑える工夫をしております。また、ケースによっては手動の方がよい場合もありますので、「電動麻酔注射」と「手動」を併用しています。

「歯を削る量の少ない」虫歯治療

人間の歯は一度削ってしまえば元に戻る事は二度とありません。
そして、歯は治療すればするほど寿命が短くなります。
当院では、長期にわたってご自身の歯で健康に生活して頂くために
「可能な限り歯を削る量を少なくする」ことを大切にしています。

視野を拡大することで精密な治療を可能とする「拡大鏡」

拡大鏡を使用することで非常に小さな虫歯を発見し、虫歯の切削も必要最低限の切削で済みます。
とてもよく見えるので目から入る情報量が上がり、より正確な診断が可能となります。
結果として、治療の施術時間の短縮にも大きく役立っています。

拡大鏡

虫歯診断装置ダイアグノデントペンによる確かな判断を実現。

ダイアグノデントペンは、歯面に655nm のレーザー光を照射することで起こる蛍光反射を測定し隠れた虫歯を検出します。視診やX線診断に加え歯質を数値で判断でき、健常歯を保持しながら適切な治療計画を立てられます。
早期発見早期予防・早期発見早期治療をおすすめしています。 その際に必要なのが「治療の必要な虫歯」なのか「虫歯でない」のかの鑑別診断です。 当院では最新型の虫歯判別装置ダイアグノデントペンを設置しております。 視診、触診、ダイアグノデント診断、必要に応じてX線検査を組み合わせることにより、患者さまの歯をしっかり守らせていただきます。

虫歯診断装置ダイアグノデントペン

虫歯感染部位を教えてくれる「う蝕検知液」

う蝕検知液とは、虫歯の部分のみを赤く染める薬剤です。
虫歯になっている部分が赤く染まりますので、どこまで虫歯を削ればよいかがしっかりわかり、歯を削る量を少なくすることができます。

う蝕検知液

虫歯治療後の詰め物・かぶせ物の種類

詰め物・かぶせ物には様々な種類があります。

詰め物・かぶせ物 

虫歯治療後は「銀色」の詰め物・かぶせ物を装着されると多くの方が思っていると思います。これは保険適用の素材であることにメリットがあるぶん、「見た目」「金属アレルギー」「耐久性」「精度」などにおいてはデメリットがあるのも事実です。
当院では「保険治療」でも可能な限り金属を使わない白い素材で対応していますので、患者様の「健康」、そして「口元の美」を考慮し、可能な限り銀歯を使わず、白い詰め物などで対応もしています(メタルフリー治療)ので、是非ともご相談ください。
また保険適用外(自費診療)の素材におきましては、保険適用の素材と比べ「審美性」「体への優しさ」「機能性」「耐久性」「精度」などにおいて様々なメリットがあります。
当院では患者様のお口の状態、お好みなどをお伺いし、もっとも適切な素材をご提案させていただいています。

詳しくは審美歯科をご覧ください