歯周病

歯周病とは?

歯周病とは口腔内の歯周病菌によって引き起こされる感染症です。
歯肉と歯の周囲の骨(歯槽歯)が侵される慢性の病気となっています。歯周病が進行すると、歯ぐきや歯の周囲の骨などの歯周組織を破壊し、ほっておくと最終的に歯がボロボロと抜けてしまいます。

歯周病の原因と症状

歯周病の原因

歯や歯ぐきのすき間に棲みついた歯周病菌が歯周病の最大の原因となります。
歯周病菌が繁殖する原因は、歯みがきの不足や不適切なブラッシング、歯並びの異常、適切ではないかぶせ物など様々です。タバコやストレスなども歯周病の一因となります。

歯周病の症状

初期
  • 歯ぐきの赤み
  • 出血
中等度
  • 歯ぐきの腫れ
  • 出血
  • 口臭の悪化
  • 歯の動揺
重度
  • 歯ぐきの激しい痛み
  • 歯がグラグラして物がかめなくなる

歯周病を放置すると・・・

  • 歯周病菌が血管内に侵入し、心臓血管系疾患を引き起こしたり悪化させたりする可能性が指摘されています。
  • 糖尿病を悪化させます。
  • 細菌性心内膜炎という病気の原因になります。
  • 誤嚥性肺炎の原因になります。
  • 女性では低体重児出産の要因にもなります。

歯周病の治療と予防方法

1.検査

■歯周ポケット検査

■ぐらつき度の検査

2.歯みがきの指導

3.スケーリング(歯石除去)

症例によっては投薬治療になります。

4.スケーリングルートプレーニング:SRP

・歯周ポケット内の歯石の除去とクリーニング

・再検査

5.メンテナンス