予防歯科

元気な歯のために
自分でできること
クリニックでできること

予防歯科とは

むし歯になってからの治療ではなく、むし歯になる前に予防しようという考えです。

予防歯科には大きく別けてふたつのアプローチがあります。歯科医院でおこなう『プロケア』と、ご自分でおこなう日々の『セルフケア』です。

大切な歯を守るために、当院では、歯科医師・歯科衛生士によるプロケアと、しっかりとしたセルフケア方法をご指導い たします。

歯みがき指導

専門家の指導のもと、子どもの頃から正しい歯みがき方法を習慣付け、元気な歯を育てましょう!!

パウダーメインテナンス

パウダーメインテナンスとは

微細な粒子を水と一緒に放出し、歯の表面や手の届きにくい歯間、歯肉の間を洗浄する方法です。

当院では、Varios Combi Pro という洗浄機器を使用しています。
歯の健康のためには毎日の歯磨きや、歯石とりといった予防歯科がとても大切になってきます。

しかしながら、腔内には歯磨きだけではケアが難しい歯周ポケットなどが多いので、パウダーメインテナンスによって予防歯科をより確かなものとすることができます。

バイオフィルム

歯の表面にはバイオフィルムという微生物の集合体が付着しています。

バイオフィルムは水分のあるところに発生する、いわゆる” ぬめり” で、川の石やお風呂などでお馴染みのものです。

このバイオフィルムは多糖体の膜によって保護されているため、薬品での除去は難しく、機械的に除去する必要があります。

なぜ除去が必要なの?

歯の表面にバイオフィルムができると、歯のエナメル質が唾液に触れなくなり、唾液による洗浄作用がなくなってしまいます。

そのため、バイオフィルムの内側は細菌が繁殖しやすい環境となり、う蝕や歯周病の原因となってしまいます。ポケット内部で細菌が増殖すると、細菌を攻撃するため白血球や抗体が登場しますが、細菌はバイオフィルム内にいるため攻撃されません。

逆に、白血球の産物による病原因子や内毒素により歯肉が破壊され炎症が拡大します。

歯科食育士エキスパート受講

最近では、お子さまがいる方々にとって食育という言葉は馴染み深いものになりました。

食育とは、小さな頃から食に関する知識や経験を身に着けて、健全な食生活を心がける人を育てることです。

歯科と食育は関係あるの?と思う方もいるかもしれません。
近頃は、歯科も食育に目を向けようという流れが広まりつつあります。口は食べ物の入り口で、歯は一番最初に食べ物に触れるからです。
ときには食生活が歯に与える様々な影響を考慮して、歯科医師の目線からアドバイスすることも必要になってきます。食生活でお悩みの方はお気軽にご相談ください。